あかね学級探検隊

日時  2013年8月5日 
場所 大台町
トヨタ三重宮川山林 
 対象・参加人数 小学校5・6年生 (34名) 


夏のあかね学級は、大台町 トヨタの森の探検です。
夏の気持ちのいい森の中を、トヨタの森の国広さんに山の説明をしてもらいながら、2時間ほど歩きました。
その後みんなでお弁当を食べて、午後の部は、木工教室でマガジンラック作り。
最後に森林と三重の木について、クイズも交えてしっかり学びました。




 
 
説明を聞きながら一列に並んで登ります。
まず初めに トヨタの森探検隊 です。 
さあスタートです。
今日のコースは2時間くらいかな? 










頂上でちょっと休憩。
そんなに高い山ではありませんだが、風も景色も気持ちよかったです。 
 
     
ん??何をみつけたのかな??


大きな30mもある杉の木がいっぱいですが、
今の木の値段は一番高かった時の
たった1/10だそうです。
 
ウラジロ飛行機。結構飛ぶんです。
大人もはまってしまいました。
 



午後は 木工教室 です。
 
 
木に節があると釘は通りません。そんな時の釘の打ち方のコツは・・・?
 板の裏と表ってあるんですよ。知っていますか?
本職の大工さんのサポートで、お隣どおし協力しながらマガジンラックを作りました。












最後は あかね材や三重の木についての学習会 です。

パワーポイントの説明を見ながらみんな真剣です。
   
 

五年生の男の子がヒノキとスギの皮の違いのお話を聞きながら、真剣に写生をしていました。
どちらの鉛筆画も大人には同じように見えたのですが、本人はきちんと違いがわかるようでした。

お友達が熱を出して欠席で、行きのバスでは心細そうに小さくなっていた子が、
帰りのバスでは青年のスタッフに「ちゃんと座ってな!」「ちょっとしずかにし!」
と言われるほど、隣の子と元気に騒いでいました。子どもはたくましいですね。

自分で作ったマガジンラックを大切に持って「また来るわ!」とバスを降りて行きました。
 
答えは『マムシグサ』です。軸がマムシみたいな柄だから。
他にも、鹿が食べない臭い草や苔みたいなふわふわの草
などもあって、面白かったです。


トップページヘ戻る